飲みやすさが人気の日本酒「蓬莱泉」


画像出典元:http://www.syusendo-horiichi.co.jp/SHOP/20232.html

「蓬莱泉(ほうらいせん)」は愛知県にある関谷醸造株式会社で作られた、この地を代表するお酒。
関谷醸造は豊田市に「ほうらいせん吟醸工房」を構えていて、ここからもこのブランドが主力であり高い人気を誇っていることがうかがえます。

日本酒と言うと、とても伝統を重んじるというイメージを持つ人が多いかもしれません。
この関谷醸造も創業は1864年(元治元年)ですから長い伝統を持ち、それを大事にしてきているのですが、そこに新しい価値観を組み合わせているところもファンを魅了している理由であり、関谷醸造の特徴と言えるでしょう

お酒のオーダーメイドや日帰り酒造り体験コース、日本酒セミナーなどが、その表れ。
多くの日本酒ファンを楽しませてくれているんです。

肝心の「蓬莱泉」ですが、とても飲みやすいところに特徴があります。
さっぱりとしていて口当たりも良く、それでいてまろやかさのあるお酒です。

種類も豊富で、それぞれで特徴が異なりますから、飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。
さっぱりと口当たりがいいと言いましたが、中にはかなり締まりのあるお酒も

季節限定や特別限定品なども含めれば、かなりの種類が揃っている「蓬莱泉」。
また、扇子やトートバッグ、Tシャツ、風呂敷などのグッズを展開しているのも面白いですし、関谷醸造の挑戦と親しみやすさを感じますね。

特に高価買取が期待できるのはどれ?


「蓬莱泉」の中でも高い人気を誇るのは大吟醸の各種です。
この銘柄の中で高い買取価格が期待できるのは、例えば「吟」、そして「空」、さらには「美」、この辺りでしょう。

「吟」の特徴は、山田錦を使用し3年間熟成させているところ。

低温で長い期間熟成されることで山田錦の風味と旨味が凝縮。
これがファンの心をしっかりと掴んでおり、とても高い人気を誇っているんです。

高い人気があるということは、お酒買取業者にとっても買取を強化したいと考える日本酒であるということ。

買取価格は2,000円は確実で、お酒買取業者によっては、これが3,000円や4,000円とアップすることもあるでしょう。

「空」や「美」も、だいたいそれと同じくらいの価格で引き取ってもらえそうです。

ただ、同じく山田錦を使用し限定予約品となっている「空」は、その希少性から、業者によっては7,000円や8,000円といった価格をつけてくれるところも
これは1.8リットルのものの価格ですが、720mlでも5,000円近くまでは期待できるかもしれません。

「蓬莱泉」は特に木箱などに入っていなくても、通常の紙の箱に入っていればそれなりにいい買取価格になりますから、まずは査定に出してみてはいかかでしょうか。

 

「蓬莱泉(ほうらいせん)」
  関谷醸造株式会社で作られた愛知県を代表するお酒
  長い伝統をもちながらも新しい価値観を組み合わせている
  飲みやすく種類豊富。なかにはかなり締まりのあるものも
  とくに人気の大吟醸「吟」「空」「美」の買取価格は2,000円〜

⇒皇室御用達の逸品「梵(ぼん)」の買取価格

  • 1