革新的な発想で作られた「獺祭(だっさい)」の魅力と特徴


画像出典元:https://www.j-cast.com/trend/2017/09/01307403.html

「獺祭(だっさい)」を作っている蔵元である旭酒造ですが、ここは他の蔵元とは異なり少し面白い特徴を持っていることでも知られています。
一言で言うと、古い慣習やしきたりには縛られない、そう表現できるのかもしれません。

日本酒を作るときに欠かすことのできない杜氏、これを配置していないのも革新的
経験の浅い若い社員であっても、熱意があれば日本酒作りを任せるというところは本当に素晴らしいですね。

遠心分離機を使って日本酒を造ったのも、この旭酒造が初めて
美味しいお酒を作るためなら古い考え方に囚われることなく、新しい発想をどんどん取り入れていこうという気持ちの現れなのでしょう。

「獺祭」の中にも、この「遠心分離」という言葉が入ったお酒がいくつかあります。
これもお酒買取業者が欲しがるものの一つですから、もし所有しているのであれば売りに出すことを検討してみてはどうでしょうか。

ちなみに、遠心分離機を使うと、圧力をかけずにお酒を作り出すことができるので、味や風味も潰れず、純米大吟醸もろみそのものの魅力を味わうことができる、そんな特徴を持っています。

最も高い買取価格となるのは「その先へ」


画像出典元:http://www.jizakeyasan.com/item/n0189-1/

日本酒の中でも「獺祭」は、最も高い知名度を誇っていると言ってもいいでしょう。
日本酒好きなら知ってて当たり前、日本酒をあまり嗜まない人でも、この名称くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

その中でも飛び抜けて買取価格が高いのが「磨き その先へ」というお酒。

面白いネーミングですけど、これも旭酒造らしいですね。

この「磨き その先へ」は、定価が3万円越え。
お酒買取の世界では、限定品を除けば定価の3分の1から2分の1程度が買取相場になると言われているので、「磨き その先へ」も1万円を超えることはまず間違いないでしょう
相場は10,000円から13,000円ほど
しっかりと箱が残っていて状態がいいものであれば、もう少し高い買取価格がつくこともあります。

その他では、「磨き二割三分 遠心分離」の1,800mlが6,000円から8,000円の買取価格となっていて、これの720mlは3,000円前後が買取相場となっています。

遠心分離機を使用した「獺祭」には他にも、「磨き三割九分 遠心分離」がありますが、1,800mlは2,000円前後、720mlは1,000円前後となるでしょう。

「磨き その先へ」と「磨き二割三分」のセットも販売されていますが、これも箱などが残っていれば10,000円は余裕で超えてきますから、1本ずつではなくまとめて売りに出すことをおすすめします

 

獺祭(だっさい)」
  蔵元「旭酒造」は、「杜氏を配置しない」「初めて遠心分離機で日本酒を造る」など、古い慣習には縛られないことが特徴
  「遠心分離」という言葉が入ったお酒は買取業者の需要が高い
  純米大吟醸もろみそのものの魅力を味わえる
  「獺祭」のなかでも「磨き その先へ」は買取価格が10,000〜13,000円と特に高め

⇒パリ三ツ星レストランお墨付き「醸し人九平次」の買取価格

  • 1